Please reload

最新記事

2020年のご挨拶と新たな取組

January 3, 2020

1/5
Please reload

特集記事

2020年のご挨拶と新たな取組

January 3, 2020

 

皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
また、旧年中は格別のご支援、お引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。

 

2019年は、主に演出やブランド戦略に注力した動画を手がけさせて頂く事が多い機会となり、私個人としても、有意義な1年だったと思います。

そんな中、プロジェクションマッピングの浸透や応用、一般の方から企業まで多くのYoutube動画制作が見受けられる年でもあったと思われます。

 

さて2020年度は、オリンピックが始まります。
私たち映像制作を手がけている事業者や企業からすると、「5G」という4Gをはるかに上回る通信システムの開始、4Kの上に位置する「8K」の参入、そして、オリンピック開催という大きなイベントがある中、従来のプロジェクションマッピングではなく、さらにワンランク上の演出力が求められようとしております。

 

また、某企業の共同調査では、2017年の動画広告市場は1093億円、2020年には2,000億円を突破する勢いで成長するとされ、YouTuber市場規模においても、2022年に579億円規模に達するとの予想からYouTube動画はますます右肩上がりとなる事でしょう。

当方でも、昨年はYouTube動画を制作する機会がございましたが、ヒアリングをしていく中で、これからの時代に向けて、各企業様でもマーケティングやブランディングで、何十本と制作されている事を聞いております。

 

そこでVision Connectでは、増加傾向にあるYouTube動画に焦点をあて、専用のパッケージをご用意致しました。

編集のご依頼本数が多ければ、多い程お安くなるプランとなっております。

その他オプションとして、動画の方向性、何を視聴者に見せたいのか等、様々な事にも対応できるようご提案や企画や撮影、SEO、広告運用なども行っております。

 

YouTube動画制作を安くすませたい、大量に編集して欲しいなどのご要望がございましたら、Vision Connectまでお気軽にご連絡下さい。

制作価格の一例はこちら

 

同時に、少しずつではありますが、今まで着手できなかった新たな取り組みとして小規模のプロジェクションマッピングにもチャレンジしている所です。

取組としては遅いと感じる所ではございますが、ますます浸透していく時代に対応できるように当方でも実用化できるレベルに仕上げたいと思っております。

 

長文となりましたが、皆様、何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索